造園 資格

造園技術から植物の知識まで~造園業界で求められる資格

造園業界の資格は、造園施工管理技士や造園技能士などの技能に関わるものがメインになりますが、それ以外にも樹木医などの植物の知識を求められるものもあります。主な資格を下記にあげてみました。

造園施工管理技士

造園技能士

街路樹剪定士

造園工事基幹技能者

園芸装飾技能士

ビオトープ管理士(施工管理士、計画管理士)

樹木医

植栽基盤診断士

公園管理運営士

屋上緑化コーディネ-ター

グリーンアドバイザー

ランドスケープアーキテクト

※造園施工管理技士・造園技能士・園芸装飾技能士は国家資格になります。

造園施工管理技士(国家資格)

造園 資格

造園施工管理技士は、国家資格である「施工管理技士」の一種で、さまざまな工事の中で「造園」の分野における施工計画から工程管理、資材調達、品質管理、安全管理などに携わる仕事です。この資格は、実務経験が重視されており、実務経験がなくては取得できないため、造園会社などで職人としての経験を積み、資格取得を目指すのが一般的なルートです。受験資格に学歴は必要ではありませんが、最終学歴やその学科によって受験するための条件が異なります。

造園技能士(国家資格)

造園技能士は庭に関するさまざまな知識と技能の検定を行う国家資格で、現在、全国で約12万人が活躍しています。一般家庭の庭づくりや維持管理ばかりでなく、大規模な公園、街路樹、公共施設、オフィスや工場緑化などの公共工事では現場に参加することが義務づけられるなど、あらゆう条件において必要とされる資格です。また、造園技能士は、造園施工管理技士の受験資格や職業訓練指導員 (造園科)、職業訓練指導員 (森林環境保全科) の実技試験免除資格になっています。等級区分は1級、2級、3級の別があり、それぞれ上級、中級、初級と位置づけられています。

園芸装飾技能士(国家資格)

「園芸装飾」は「インドア・グリーンサービス」と呼ばれ、オフィスやリビングに観葉植物など適切に配置し、人々に潤いある空間を楽しんで頂けるよう植物を通じて貢献する仕事です。園芸装飾技能士とは、観葉植物などで空間の装飾を行う人材を確保するために実施されている国家資格の一つです。園芸装飾技能士には、植物の維持管理や手入れの方法・色合わせやバランスなどのセンスが必要となります。

ビオトープ管理士

造園 資格

「ビオトープ」とは、地域の野生の生きものたちが生息する空間、を意味し、持続可能な社会の形成には健全な自然とその土台となるビオトープが必要です。ビオトープ管理士にはには、生きものに関する知識だけではなく、法律、技術、倫理観、評価力、応用力といった幅広い能力が求められ、公的な入札条件や評価の対象として広く活用されています。ビオトープ管理士には、専門性の異なる「計画部門」と「施工部門」の2部門があり、さらに難易度(経験の量や期待される責任の大きさ)によって1級と2級の2階級に区分されています。

ビオトープ計画管理士

地域の自然生態系の保護・保全、復元、創出の理念や、野生生物等の調査技術を踏まえた、広域的な地域計画(都市計画、農村計画など)のプランナー

ビオトープ施工管理士

地域の自然生態系の保護・保全、復元、創出の理念や、野生生物等の調査技術を踏まえた、設計・施工にあたる事業現場担当の技術者

グリーンアドバイザー

「グリーンアドバイザー」は、公益社団法人 日本家庭園芸普及協会が認定する資格で、植物の育て方についての正しい知識や、園芸・ガーデニングの魅力や楽しさを伝えることのできる人に与えられる称号です。

資格

造園に関する資格はまだまだありますが、自分のキャリアアップに有効な資格はありましたか?自分の興味のあるもの、企業が求めるものをしっかり分析して資格取得をしてください。

造園業界で働いてみたい方はこちら

エクステリア業界の資格はこちら

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。