造園 剪定

職人だけどデザイナー。マルチな造園業のお仕事

職人とデザイナー、2つの側面をあわせ持つ造園家

造園業の仕事のイメージは、個人宅の庭木の手入れや道路脇の街路樹や公園の整備でしょうか。 実際は想像以上に多岐にわたります。個人宅の庭木の手入れの他、庭園、公園緑地、道路等を築造する工事における整地。さらには、樹木の植栽から景石の据え付け、建築物の屋上等の緑化工事、植生を復元する工事等を施工する造園工事業、公園や大きな庭などで木を切りそろえなどの植樹・植栽維持管理なども行います。 そのため、求められる技術は樹木の管理(剪定、 移植など)だけでなく、竹垣・飛石・レンガ施工など多岐にわたります 。 そして樹木の剪定や植樹という作業は、職人でありながらも、樹木・お庭のデザイナーともいえる、個人のセンスが求められます。 建設業界の中でも、個人の個性が発揮できる素晴らしい職業だといえます。

造園業の花形 庭をつくる庭師の仕事

造園 庭師

庭師の仕事のメインは、植木を植える作業・植木を剪定する作業・庭を造る作業になります。植木を植える作業は、実際かなりの体力仕事です。植える場所の確保には、道具を使って掘るだけでなく、場所によって手掘りであったりし、そして植木を植えていきます。指定されたとおりの場所に指定された本数の植木がきっちりと植えられているかを確認しながら、ミスないように植えていく作業です。剪定作業は「庭師」という言葉を聞くとイメージする人が多い作業です。鋏やエンジン・電気バリカンなどを使用して植木を剪定していきます。造園業の花形といえるのが、庭を造る仕事・・・これぞ「造園」ですね。個人の家・料亭・ホテル・旅館などがメインの顧客になります。ただ、近頃では個人での造園があまり行われていないようなので、ホテルや料亭・旅館の日本庭園がメインになっている傾向があります。

就職先によって大きく変わる造園業

庭師 造園 転職

造園業の会社の形態は、大きく分けて職人会社と監督会社に分けられます。

職人会社

主に下請け会社や一人親方、または個人邸をメインにやっている造園会社のことです。親方を筆頭に庭師など現場で作業する人が所属しています。個人邸をメインにやっている造園会社では、剪定や景石、飛び石などの庭造り・植栽をメインに行っています。商業施設や工場緑地帯、街路樹や公園の公共工事などの大規模工事は、Aランクの造園屋さんがゼネコンや土木屋さんから受注してきて、職人会社に工事が振られるのが現状です。

監督会社

主に元請け会社で、経営審査(ユーレット)で点数を競い合っており、点数が良くなることで受注可能な公共工事のランクが変わります。監督会社では、ほぼ全員が現場の施工管理を行い、作業は下請け会社が行っています。就職するには、造園施工管理技士の資格があると良いでしょう。公共工事は、道路工事に関わる街路樹工事や公園の整備工事などになります。ゼネコンや土木屋から降りてくる工事は、商業施設や工場などの大規模緑地帯工事になります。いずれも、現場の管理監督を行い、完成までもっていくのが仕事ですが、公共工事は特に写真や書類の量がものすごく多い傾向にあります。現場が動く昼間は、外で職人に指示し、位置出しを行うため、現場への立ち合いが求められます。そのため、現場が終わる17時から書類作成や写真のまとめ、明日の準備などを行います。

造園業の求人・資格

造園 求人

現場の管理をする施工管理の職種には、造園施工管理技士や土木施工管理技士、造園技能士の資格があれば採用されやすい傾向にあります。造園関係の資格としては、下記のような資格があります。

  • 造園施工管理技士
  • 造園技能士
  • 街路樹剪定士
  • 造園工事基幹技能者
  • 園芸装飾技能士
  • ビオトープ管理士(施工管理士、計画管理士)
  • 樹木医
  • 植栽基盤診断士
  • 公園管理運営士
  • 屋上緑化コーディネ-ター
  • グリーンアドバイザー
  • ランドスケープアーキテクト

造園施工管理技士・造園技能士・園芸装飾技能士は国家資格になります。現在造園業を営んでいる企業では、造園施工管理技士の資格取得を奨励している傾向があるので、この資格を目指していきましょう。

造園業の資格についてはこちら

造園業界で働いてみたい!という方はこちら

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。