面接

転職活動における面接の時の自己紹介はどうすればいい?

これから転職活動を始めるにあたって、面接の時に話す自己紹介は非常に重要になってきます。きちんと自己紹介ができるかどうかで相手に伝わる印象が大きく違うため、しっかりと自己紹介ができるようにしておかなければなりません。

最初の印象は非常に大切なので、どんな自己紹介をすればいいのか知っておくことが大切です。それでは、転職活動における面接の時の自己紹介についてご説明しましょう。

面接の時に自己紹介を求められる理由とは?

面接の時に相手が自己紹介を求めてくるのは、相手が自社で活躍できる人材なのか、自分のキャリアや人生を簡潔に伝えることができるかどうかを見ているからです。

単なる自己紹介と思われるかもしれませんが、自己紹介は自己PRと同等の意味を持つ重要な判断材料になります。採用コストも決して安くないので、本当に自社で活躍できるほどのスキルや経験、実績を持っているのかしっかりと見極めなければなりません。

ビジネスパーソンとして相手の目を見ながら話せるかどうかもチェックしていますし、自分のキャリアや人生を簡潔に分かりやすく伝えられるかどうかも重要視しています。

企業に採用されればみんなの前でプロジェクトの発表や説明などを行う機会があるかもしれないので、指定時間以内に簡潔に自己紹介ができるかどうかのスキルが求められるでしょう。

自己紹介で相手に伝えるべき内容について

自己紹介で相手に伝えるべきなのは、以下の通りです。

  • 自分の名前
  • 職務経験
  • 今まで特に力を入れてきたこと
  • 今までの経験や実績、スキル
  • 入社後、自分の経験や知識がどんな風に活かせるのかどうか

自己紹介において肝心の名前を言い忘れることは割とあることなので、自分の名前はハッキリと伝えましょう。

続いて今までの職務経験や、特に力を入れていることを簡潔に説明します。企業によっては力を入れていることについて聞かれない可能性がありますが、聞かれると思って考えておく必要性があるでしょう。

また、今までの経験や実績、スキルを話す時は曖昧な表現ではなく、どんな問題点が合って、それをどのような方法で解決したかを説明するのがポイントです。

自己紹介の回答例を紹介

自己紹介で相手に伝えるべき内容が分かっていても、実際に練習しようとして文章に起こそうとすると上手くいかないこともあるでしょう。これからご紹介する回答例をチェックすれば、自己紹介がやりやすくなるのではないでしょうか。

それでは、自己紹介の回答例をご紹介しましょう。

自己紹介の回答例

土木 資格

相手から「自己紹介をお願いします」と言われた時の回答例は、以下の通りです。

『○○と申します。本日は貴重なお時間をいただき、ありがとうございます。私は○○大学を卒業後、株式会社△△で経理を2年間担当し実務経験を積んできました。その後株式会社□□で3年間、決算業務や固定資産管理などを担当し、業務処理のスピードと正確性を磨いてきました。このような経験が御社でも活かせると考え、応募いたしました。どうぞよろしくお願いいたします。』

『○○○と申します。本日はよろしくお願いいたします。私は5年間、居酒屋チェーンを経営する会社で店長業務に従事してまいりました。2年前からはエリアマネージャーとなり、特に従業員の満足度の向上に注力してきました。その結果、全社の2年以内の社員定着率が70%であるのに対し、担当エリア内では98%という成果をあげました。今回は営業職という異業種へのチャレンジですが、この経験を活かして、御社では顧客満足度の高い営業パーソンとなって売上に貢献していきたいと考えております。』

『本日は、貴重なお時間をいただきありがとうございます。〇〇と申します。株式会社XXXXにて、営業職を4年経験してまいりました。直近3年間は、新規顧客の開拓に注力し、自身で定めた行動目標を達成し続けることで成果へとつなげてまいりました。昨期には売上目標を151%達成し、全社内表彰においてMVPを獲得することができました。この経験をぜひ御社でも活かしていきたいと考えております。どうぞよろしくお願いいたします。』

『私は5年間造園工の仕事をしていました。造園工として刈込、剪定の作業経験はもちろん、小型移動式クレーン、玉掛、車両建設機械運転者の免許を取得しております。この経験を御社で活かせたらと思い志望しました。』

以上のように、氏名と略歴、強みやこだわり、成果、入社意欲を上手く伝えるような自己紹介にすることで、相手に印象良く感じさせることができるでしょう。

まとめ

面接 質問

自己紹介におけるポイントは、与えられた時間制限の中でいかに自分をアピールできるかどうかです。長すぎても短すぎてもいけませんし、自己紹介の内容が粗雑でもいけません。自分がこれまで経験してきたことや実績、スキルなどを話す中で、いかに企業に必要とされる人材かどうかをアピールするのがポイントです。 なお、結びの言葉を伝えることも忘れないようにしましょう。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。