履歴書 パソコン

転職時の履歴書はパソコンと手書きどちらにすべき?メリット・デメリットとポイントを解説

就職の際に必ず必要な履歴書。履歴書は今までの経歴を説明するために重要な書類ですが、記入する項目が多いため、作成にはある程度の時間がかかります。

「働きながらの転職なので、あまり時間をかけられない。できれば履歴書はパソコンで作りたいけれど、手書きの方がいいのかな?」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。

パソコンスキルの有無を確認するため、転職時は手書きよりもパソコンで作成した履歴書を重視する業界も多いです。この記事では、転職時の履歴書をパソコンと手書きのどちらで作成するかについて、それぞれのメリット・デメリットや作成時のポイントを解説します。

転職時の履歴書は「パソコン」か「手書き」どちらで作成すべき?

転職時の履歴書は、パソコンと手書き、どちらを選択しても問題ありません。

新卒の就職活動では手書きが推奨されているため、「履歴書=手書きで作成するべき」と考えている人も多いかもしれません。しかし新卒と転職では重視されるポイントが異なるため、パソコンで履歴書を作成した方が有利に働くこともあります。

新卒ではフレッシュさや人柄を重視していますが、転職の就職活動では、業務経験やスキルの有無を重点的に確認しています。パソコンで履歴書を作成することで、人事担当者にある程度のパソコンスキルがあることをアピールできるのです。

ただ必ずしもパソコンで作成した履歴書がよいという訳ではなく、業界や人事担当者によっては、手書きの方が好ましいと考えることもあります。
基本的にはどちらでも問題ありませんが、志望する業界や会社に合わせて考えるとよいでしょう。
それぞれのメリット・デメリットについては、以下の見出しで詳しく解説します。

パソコンで履歴書を作成する際のメリット・デメリット

履歴書 パソコン

まずは、パソコンで作成するメリット・デメリットを紹介します。

パソコンで履歴書を作成する際のメリット

パソコンで履歴書を作成する際のメリットは、以下の通りです。

  • 修正が簡単に行える
  • 履歴書を買いに行く必要がない
  • 誰が見ても読みやすい書類を作成できる
  • パソコンスキルをアピールできる
  • 手書きと比べて時間短縮ができる
  • データで提出する際に便利

パソコンで履歴書を作成する最大のメリットは、書類を作成する時間の短縮ができることです。
履歴書のフォーマットはインターネットで簡単にダウンロードできるので、履歴書を買いに行く必要がありません。また記入ミスをした際も1から書き直しをすることなく、間違えた部分だけをすぐに修正できます。
さらに複数の企業を受験する場合は、職歴などの基本情報をコピーして使用することで、履歴書作成にかかる時間を大幅に短縮することも可能です。

パソコンで作成すれば誰が見ても読みやすい書類ができるので、字に自身がない人にもメリットが大きいと言えるでしょう。

パソコンで履歴書を作成する際のデメリット

パソコンで履歴書を作成するデメリットは以下の通りです。

  • 個性や志望度をアピールしづらい
  • データの修正ミスをする可能性が高くなる
  • 手書きを重視する企業ではマイナスな印象を持たれることも

パソコンで履歴書を作成するデメリットは、ほとんどありません。
しかし手書きの書類と比較すると個性を表現しにくくなるため、人となりが伝わりづらくなることが大きなデメリットと言えます。

また容易に使いまわしができるため、作成日や会社名などの情報を修正しないまま提出してしまうリスクも存在します。
特に志望動機や会社名は修正を忘れがちなポイントなので、十分に注意してください。

パソコンで作成した履歴書を使用する際は、提出する前に内容をよく確認することが重要です。

手書きで履歴書を作成する際のメリット・デメリット

履歴書

次に、手書きで履歴書を作成する際のメリット・デメリットについて解説します。

手書きで履歴書を作成する際のメリット

手書きで履歴書を作成するメリットは以下の通りです。

  • 個性を表現しやすい
  • 丁寧さや字のきれいさ、応募意欲の高さをアピールできる

手書きの最大のメリットは、個性や性格を採用担当者に伝えられることです。

パソコンで作成した履歴書と比べると、手書きの履歴書の方が求職者の性格や意欲を判断しやすくなります。
よってパソコンスキルも重視したいが、手書きの履歴書で人柄などを判断したいと考えている採用担当者は多いです。
きれいな字ではなくても、丁寧に書かれているか、読みやすいようにバランスを意識しながら書かれているかなどの点は、面接前のアピールポイントになります。
また中にはパソコンで作成した履歴書を受け付けない企業も存在しますが、手書きの履歴書を拒否されるケースはほとんどありません。

中小企業や社員の年齢層が高い会社では、パソコンではなく手書きの履歴書を作成するとよいでしょう。

手書きで履歴書を作成する際のデメリット

手書きで履歴書を作成するデメリットは、以下の通りです。

  • 間違えたときは1から書き直すことになる
  • 履歴書を買いに行く手間がかかる

手書きのデメリットは、作成に時間がかかることです。
履歴書に修正液や修正テープは使用できないので、途中で字を間違えてしまった場合は、最初から書き直すことになってしまいます。

また複数の企業を受ける場合は、受験する数だけ履歴書を作成することになり、多くの時間がかかります。
手書きの履歴書を提出する際は、時間に余裕を持って作成することが重要です。

パソコンで履歴書を作成する際のポイント

ポイント

パソコンで履歴書を作成する際のポイントは、自分で好きに枠を作らず、テンプレートをダウンロードすることです。


自分で好きに枠を作成するとレイアウトが崩れ、読みづらくなってしまいます。
どれをダウンロードするか迷ったら、JIS規格の一般的な履歴書テンプレートを選択することをおすすめします。
また履歴書をデータで印刷する際には、ファイル名に気をつけ、PDF形式でダウンロードします。
ファイル名は分かりやすくするため、「履歴書氏名日付」などに設定するとよいでしょう。

手書きで履歴書を作成する際のポイント

手書きで履歴書を作成する際のポイントは、とにかく丁寧に記入することです。
時間がないからと焦って書くと字を間違えたり、焦りが字に現れてしまったりします。


そのため時間がない場合は、無理して手書きで作成せず、パソコンで作成するとよいでしょう。
記入する際は、黒色の太すぎないボールペンを使用します。
擦ると消えるペンや水性ペンなどは、コピーした際に字が消える・書いた後にうっかり触って字がにじむなどの可能性が高いため、使用は避けてください。
また書いた後は必ず見直しを行い、誤字脱字がないかを確認しましょう。

転職時の履歴書はパソコンでも手書きでも問題ないが、丁寧に作ることがポイント

転職 メール

この記事では、転職時の履歴書はパソコンか手書き、どちらで作成すべきかについて解説しました。
転職時の履歴書は、パソコンと手書きどちらで作成しても問題ありません。

しかし現在はパソコンスキルの有無が重視されることが多いため、パソコンでの履歴書作成を推奨する業界も増えています。
一方手書きの場合は人柄や熱意を伝えやすいとのメリットが存在するため、履歴書の作成にかけられる時間や応募する業種に応じて使い分けるとよいでしょう。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。