履歴書

転職する際に覚えておきたい履歴書の志望動機の書き方!例文もご紹介します

転職する際に履歴書を書くことになりますが、最も重要になるのが志望動機です。なぜその企業で働きたいと思ったのか、なぜその仕事をやりたいと思ったのかなど、相手の企業側に自分をアピールするためには志望動機を工夫して書く必要性があります。

それでは、転職する際に覚えておきたい志望動機の書き方についてご説明しましょう。

転職する際に重要な志望動機とは?

転職する際に最も重要になるのが、志望動機です。

志望動機をなぜ書くのか、それは企業にとって「数ある企業の中からなぜ我が社を選んだのか」を知りたいからです。どこにでもあるような志望動機ではなく、自分だけの経験や知識を活かし、オリジナルの志望動機を書くことで相手企業は自社を選んだ理由について納得してもらえます。

つまり、志望動機は相手企業を納得させるだけの理由がなければなりません。企業側も役に立たない人材を登用して損失に繋げるわけにはいかないので、選考基準は非常にシビアになっています。そんな中で、自分がいかに必要とされる人材なのかをアピールしなければなりません。

よく自己PRと何が違うのか分からない人がいますが、自己PRはあくまで自分をアピールするものであり、応募する企業にとって自分が必要とされる存在であることをアピールする志望動機とは大きく違います。

企業に採用される志望動機の書き方のポイントとは?

ポイント

企業に採用される志望動機の書き方は様々ですが、やはり重要なのは企業にとってこの人を採用したいと思える志望動機を書くことです。

それでは、企業に採用される志望動機の書き方のポイントについてご説明しましょう。

志望動機は必ず自分だけの魅力を伝える

志望動機を書くにあたって社風やサービスなど調べれば誰でも書けるような魅力を書くだけでは意味がありません。企業が求めているのはありきたりな魅力ではなく、その人個人がどんなところに魅力を感じたのかどうかです。

他の人にはない自分だけの魅力を伝えるようにしましょう。

会社の情報を集めて自分だけのオリジナルの志望動機を考える

相手が求めているのはありきたりな志望動機ではなく、自分だけのオリジナルの志望動機です。オリジナルの志望動機を書くためには、応募する会社の情報が必要不可欠です。その会社に応募するとなった場合、そこには必ず転職理由があるはずです。

その転職理由を軸に、その会社で何を成し遂げたいのか、自分の経験が会社の何に役立つのかなど、とにかく情報を集めて自分だけのオリジナルの志望動機を書くのが得策です。

スキルや実績に基づく志望動機を書く

志望動機を書く際に、自分が会社に役に立つスキルや実績があることをアピールするのもおすすめです。

自分のスキルや実績があれば、自分の強みや経験を活かした成果が上げられるというように、スキルや実績によって自社が求める戦力になってくれるかもしれないと思わせることが重要です。

志望動機の書き方の例文集

それでは、志望動機の書き方の例文をご紹介します。

・私は今まで約6年間事務職をしていました。事務職ですと一日を部屋の中で過ごすことが多く、窓の外から見える植木を見て外で働く仕事がしたい、自然を相手にする仕事に携わりたいと思い志望しました。

・私は4年間造園工の仕事をしていました。造園工として刈込、剪定の作業経験はもちろん、小型移動式クレーン、玉掛、車両建設機械運転者の免許を取得しております。この経験を御社で活かせたらと思い志望しました。

・子どものころから自分の家の庭で家族とガーデニングを楽しんでいました。

年齢を重ねると自分でアレンジをするようになり、ホームセンターで資材を買ってきて日曜大工をすることもありました。住宅のガーデンデザインを専門に行う貴社で、ガーデニングデザイナーを目指し、多くの人にガーデニングの楽しさを知ってほしいと思います。

志望動機に関するQ&A

FAQ

それでは、志望動機に関するQ&Aをご紹介します。

Q1:志望動機の文字数はどれくらい?

A:志望動機はその会社に入社する意志があるかどうかをアピールするためのものなので、短すぎないようにしましょう。したがって、最低でも150文字~200文字以上書きましょう。文字数が少ないと本当に働きたいと思っているのか疑問視されてしまうので注意しましょう。

Q2:志望動機の項目が小さい場合はどうすればいい?

A:志望動機の項目が小さい場合は150文字~200文字以上書けない可能性があるので、志望動機所を別途で送るのがおすすめです。A4用紙1枚分であれば問題ありませんが、あまりに長い志望動機だと何を伝えたいのか分からなくなってしまうので、長くても800文字程度にまとめるようにしましょう。

Q3:40代だけど志望動機はいつも通りでいい?

A:40代ともなると転職しにくい上に、これまで何をやってきたかが問われます。したがって、40代以降の転職は、今までどんなことをやってきたのか職務の経歴を重要視しましょう。しかし、ただ経歴を羅列するのはおすすめできません。

転職先の会社に沿って、自分の経歴の中で応募するに至った理由や経験を洗い出すことが大切です。

まとめ

転職するにあたって、履歴書の志望動機は何よりも重要です。企業にとってなぜ自社に応募したのか理由を把握するために必要になるので、曖昧な内容では採用してくれません。自分がその企業で頑張れることは何か、どんなスキルや実績を活かせるのか、どんな魅力が伝えられるのかなど、数百文字程度の志望動機で全てが決まると言っても過言ではありません。

志望動機は何度もチェックしてありきたりな文章になっていないか注意しましょう。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。