退職願 書き方

いまさら聞けない!退職願・退職届とは…

退職願、退職届、辞表の違いを理解しておきましょう!

  • 退職願 → 会社に退職を「願い出る」書類
  • 退職届 → 退職確定後に、「手続きのために届け出る」書類
  • 辞職願(辞表)→ 役員や公務員が退職する際に使用する書類

まれに、退職願や退職届を提出した後に、「退職を撤回したい」と会社にかけあう人がいますが、退職願が会社に承認される前であれば、撤回できる可能性があります。会社に承認された後は、ほぼ撤回はできません。ご注意ください。

退職にも大きく分けて2つある!

退職届 退職願

退職にも大きく分けて自己都合退職と会社都合退職の2つの種類があります。自己都合退職と会社都合退職の違いは、自分が希望して退職する(自己都合退職)か、会社から退職を余儀なくされる(会社都合退職)かです。同じ退職でも失業保険の取り扱いが違ったり、転職時の採用担当者の心証が変わることもありますので、メリット・デメリットを理解しておきましょう。

退職願・退職届の提出先とタイミング

退職までの一般的な流れ

退職 流れ

退職願・退職届の渡し方・タイミング・伝え方

退職願・退職届は、人目のない会議室などで直属の上司の方に渡します。事前に退職日を交渉して決定しておくとスムーズに手続きが進むはずです。

退職願・退職届の書き方

退職届 書き方 

退職願・退職届を出す前の準備

最初に就業規則を確認します。会社の就業規則には退職願や退職届を提出する期限が記載されている場合が多く、中には退職希望日の二ヶ月前までに提出する決まりのある会社もあります。法的には、退職2週間前の申請で問題はないのですが、念の為、就業規則は必ず確認してください。

退職願・退職届の書き方例

退職願 書き方

①冒頭に「退職願」または「退職届」と書く

②「退職願」または「退職届」と書いた題から1行あけ、一番下に「私儀」もしくは「私事」と記載

③退職理由は詳細を書く必要はないので「一身上の都合により」と記載しておく

④退職日を記載。西暦・和暦、どちらでも可

⑤退職願の場合は伺いを立てる形式で「お願い申し上げます」とする

⑥提出する日付をを記載。西暦・和暦、どちらでも可

⑦退職日時点での所属部署・所属課を書く。自分の氏名の後に、押印する(シャチハタはNG)

⑧会社の正式名称を書く。宛名は社長。フルネームで記載

残る方々に迷惑をかけず、スムーズに退職するために入念な準備を心掛けましょう。

自己都合退職、会社都合退職についてさらに知りたい方はこちら

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。