履歴書 書き方

いまさら聞けない!履歴書の書き方!超基本!!

基本的かつ魅力的な履歴書を作るための基本完全ガイド!履歴書の役割、項目ごとの具体的な書き方、NGポイントなどを紹介していきます。

履歴書の役割・項目について・・・

面接 履歴書

履歴書の役割は、「社会人としてのあなたを伝える」こと。学歴や職歴、資格、自己PR、趣味・特技などを通じて、自分の経験や人となりを伝えていきます。

1.基本情報欄の書き方

日付・名前・住所・電話番号など、基本情報を書く項目です。正確に記載しましょう。

日付

面接に持参する際は面接日の日付を、郵送の場合はポストに投函する日付を書きましょう。面接の前に、別途、提出日が設定されている場合は提出日か前日の日付でOK。基本的に、「年」の記載については、元号か西暦かは履歴書全体で統一されていれば、どちらでも構いません。学歴や職歴に日付を記入する際も、注意してみてください。

写真

写真を貼る場合のサイズは「横2.4〜3cm、縦3.6〜4cm」。カラーで本人1人のみ、胸から上が写っている状態で正面から撮影。直近3ヶ月以内に撮影した物を使用し、万が一剥がれた場合に備え、写真の裏には名前を記入すると良いでしょう。写真を撮る際は、一般的に、口角を上げて目をやや大きく見開いていると、意欲的に見え、伏し目がちですと自信薄に写ります。

2.学歴欄の書き方

履歴書 面接

学校名は略さず、正式名称で記入します。高校入学以降の学歴を書いておきましょう。

・年の書き方は西暦でも元号(昭和・平成・令和など)でも構いません。ただし、履歴書全体で統一するようにしましょう。

・新卒採用の場合は中学校卒業時から記載していたかもしれませんが、中途採用の場合は義務教育を記載する必要はありません。高校入学以降の学歴を書いておきましょう。

・学校名は略さず、正式名称で記入します。専攻・コース名なども記載しておきましょう。

・学校名や学部名が卒業後に変わった場合は「旧学校名(新学校名)」とするのが一般的。「◯◯大学◯◯学部◯◯学科(現△△大学)」と記載しておきましょう。

3.職歴欄の書き方

庭師 履歴書

「学歴」項目から必ず1行空け、中央に「職歴」と書いてから職歴を書きます。配属先、職務内容は具体的に書きます。在籍した全ての会社の入社・退社年月を記入。※短期間しか勤務していない場合でも、職歴はすべて正確に記載

退職理由が自己都合の場合は「一身上の都合により退職」、リストラなどの会社都合であれば、会社都合の場合は「会社都合により退職」「会社業績不振による希望退職」と書く。最終行に「現在に至る」と記入し、職歴情報を書き終わったら、確認してから下段右端に「以上」と書いて締めます。

4.資格欄の書き方

記載の優先順位は、取得年月日順または応募先の業務に関係するものから記載すると良いでしょう。もちろん、資格の名称は正式名称を記載してください。

資格 庭師

5.志望動機欄の書き方

志望動機は、応募した企業でなぜ働きたいかを伝える項目です。採用担当者が自社への理解度や入社意欲の高さを見極めるために記載する欄になりますので、企業研究をしっかりした上で記載すると良いでしょう。自己PR欄とは違いますので、内容を精査して記入してください。

6.自己PR欄の書き方

自己PRとは「相手に自分を売り込み、認めてもらうこと」が目的です。「採用すると、どんなメリットが得られるのか」「これまでの実績から、入社後はどのような活躍が期待できるのか」など、自分のキャリアを存分にアピールできるようにしましょう。

7.趣味・特技欄の書き方

趣味・特技欄が履歴書にある理由は、採用担当者により具体的な人物像をイメージしてもらうためです。自分自身をPRする上で、プラスアルファになる部分の情報を記載する部分が趣味・特技欄と捉えてください。

8.本人希望欄の書き方

履歴書の本人希望欄は、企業で働く上でどうしても伝えなければいけない条件を記載するための項目です。例えば、小さい子供がいる場合「保育園の保育時間の関係で18時までしか勤務できない」といった事情があれば、理由とともに希望を記載しましょう。特に希望がない場合は「貴社の規定に従います」と記入しておきましょう。

履歴書 書き方

履歴書の書き方について、よくある質問はこちら

職務経歴書についてはこちら

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。