cad、製図、設計

CADオペレーターとは?仕事内容や必要スキル、未経験からの転職に向いてる人

CADオペレーターについて詳しく知りたい。
CADオペレーターに転職したいけど、未経験だから不安。
という方のための記事です。

この記事を読むと以下のことが分かります。

  • CADオペレーターについて
  • CADとはなにか
  • CADオペレーターの仕事内容
  • CADオペレーターに向いている人
  • CADオペレーターに役立つスキルや経験、知識
  • CADオペレーターに役立つ資格

CADオペレーターの仕事は、物作りには欠かせません。
技術職のため、経験を積めばスキルアップも目指せる人気の職業です。
未経験からでも始められますが、向き不向きがあるので転職には慎重になるべきでしょう。

CADオペレーターの仕事内容から向いている人、役立つ資格までをまとめました。
CADオペレーターの転職に失敗したくない人は、最後まで読んでみてください。

CADオペレーターとは?どんな仕事内容?

CADオペレーターとは

設計士がデザインした図案を、CADを使って正確に設計、作図、修正を行う仕事です。
建築業界、製造業などのさまざまな分野で活躍できるので需要があります。
将来は建築士、技術士、設計士などにもキャリアアップできるやりがいのある職業です。

そもそもCADってなに?

CADとはComputer Aided Design(コンピューター支援設計)の略で、パソコンを使って作図、製図ができるシステムのことを指します。
CADには2D CADと3D CADがあり、図面や用途によって使い分けられます。
2DCADは平面上で作図をしますが、3DCADは立体的に物を描けるシステムになっています。
製造業、建築業、アパレルなどさまざまな業界で使われるCADですが、建築業界で使うCADソフトは、建築CADと呼ばれています。

CADソフトを使った作図、製図、修正

メインの仕事は、CADソフトを使った作図、製図、修正です。
作業の流れは以下のとおりです。

  • 設計士の指示どおりに作図、製図を行う。
  • 図面が出来上がったら提出。
  • 設計士が図面をチェックし修正箇所をCADオペレーターに指示。
  • CADオペレーターが修正、再度提出。

基本的にこれを繰り返します。
転職するまえに、仕事の流れをイメージしておきましょう。
自分が考えるCADオペレーターの仕事内容と違いがないか、自分にできそうか考えておくのが大切です。

設計士、建築士との打ち合わせ

設計士や建築士との打ち合わせもCADオペレーターの重要な仕事です。
具体的には、進捗状況の確認、修正点の確認などです。
設計士はCADオペレーターに指示どおり正確に作図することを求めているので、指示内容をきちんと理解しなければなりません。
指示どおり図面を作成するのはなれないうちは大変ですが、完成できたらやりがいを感じられるでしょう。

CADオペレーターに向いている人3選!

言われたことを確実にこなせる人

相手のやってほしいことを理解し実行できる人はCADオペレーターに向いていると言えます。
CADオペレーターは、依頼内容を理解し正確に図面を作成するのが仕事です。
間違った図面を作成した場合、建築物の不良につながってしまいかねません。
修正依頼が来ても嫌な気持ちにならず、確実に修正ができるほうが設計者に好まれます。
自分がやりたいことではなく、言われたことを正確に実行できるタイプの人はCADオペレーター向きです。
未経験でも、何度も繰り返し確認するクセがついてる人なら適任でしょう。

集中力があり、コツコツと作業するのが好きな人

飽きずに作業を続ける集中力がある人は、CADオペレーターに向いています。
CADオペレーターは、タスクを1つずつ確実にこなす必要があります。
繰り返しの修正にも対応しなければなりません。
そのため地味な作業をコツコツと続けるのが好きで、集中力の高い人が向いているでしょう。

素早く対処できる人

言われたことに素早く対処できる人もCADオペレーター向きです。
CADオペレーターは設計者のアシスタント的なポジションなので、設計者の依頼に素早く対処する力が必要です。
依頼を素早くこなし仕事がスムーズに進めば、信頼感が得られます。
より重要な仕事を任せられるようにもなるので、依頼に素早く対処できることは重要と言えます。

CADオペレーターに役立つスキル・経験、資格

設計に関する専門的な知識

必須ではないですが、設計に関する専門知識を学んでいればCADオペレーターの仕事に役立つでしょう。
CADオペレーターは、図面を読み取る力と設計者の話を理解する必要があるからです。
設計に関する専門的な知識があれば、図面を読み取るスピードも早くなります。

PC、CADの操作経験

CADオペレーターの仕事は未経験からできる仕事です。
とはいえ、PCやCADの操作経験があれば有利になります。
設計の専門的な知識も必要ではありますが、CADの基本的な使い方を理解していれば、ある程度スムーズに仕事がこなせるからです。

またCADオペレーターは、WordやExcelといったソフトを使うこともあります。
PCの基礎知識や操作スキルも、ある程度あれば有利になるでしょう。
PCやCADを使ったことがなければ、転職するまえに職業訓練校などで学ぶこともできます。

コミュニケーションスキル

コミュニケーションスキルは打ち合わせで必要になります。
たとえば、進捗状況を伝える、図面の不明点を質問する、修正点をすり合わせるといったコミュニケーションスキルです。
CADオペレーターは設計者と連携して作業を進めることが多くあります。
そのため人の話を聞く、質問する、といったコミュニケーションを取りながら仕事ができる力が必要です。

CAD利用技術者試験

CAD利用技術者試験は、CAD操作に必要な知識、図面を正しく作図するスキルを証明するための試験です。
それぞれ3次元と2次元の試験に分類されます。
CADの資格の中では有名な資格なため、取得していれば企業からの評価も高くなります。
転職、就職でも有利になるでしょう。

建築CAD検定試験

建築図面をCADを使って作成する、正しくトレースする技術を証明するための試験です。
建築関係のCADオペレーターを目指すなら取得しておくべき資格でしょう。
また設計者や建築士を目指す人にもおすすめの資格です。

オートデスク認定資格プログラム試験

オートデスク認定資格プログラム試験は、オートデスク製品の知識や操作スキルを証明するための試験です。
全世界共通の認定資格なので、幅広い企業で評価を得られます。
AutoCADのCADオペレーターを目指すなら、取得しておくべき資格です。

Vectorworks操作技能認定試験

建築設計にも使われるCAD、Vectorworksの操作技術や知識を証明する試験です。
比較的難易度が優しいので、未経験者や初心者にもおすすめの資格です。
Vectorworksも多くの企業が使っているCADなので、取得すると転職に有利になるでしょう。

初心者、未経験

まとめ:CADオペレーターは未経験でも転職OK!

CADオペレーターはさまざまな分野で活躍できる職種です。
技術職なので、手に仕事をつけられるのもCADオペレーターの魅力の1つでしょう。
CADオペレーターはCADの基本的な基礎知識が合ったほうが有利ですが、未経験からでも始められます。
手に職をつけることは安定にもつながるので、興味のある方はチャレンジしてみてください。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。