土木 資格

土木工事の資格取得をするメリットは?難易度や種類について解説!

土木工事の資格を取得するメリットを解説した記事になります。そのほか資格の必要性や種類についても解説するので、土木工事に関連する仕事をしている方は参考にしてください。

この記事を読むことで資格の必要性がわかり、転職しやすくなりますよ。

土木の資格必要性やメリット

資格

ここでは土木工事に関連する資格の「必要性」や「メリット」について解説していきます。資格を保有していることでデメリットになることは、ほぼありませんので、資格を持っていない方は参考にしてみください。

土木工事における資格の必要性

結論から言いますと、土木工事に「資格」は欠かせません。なぜなら資格を持っていないと、建設機械を使用した施工をすることができないからです。

また「土木施工管理技士」のような資格がないと、そもそも土木工事を請け負うことすらできません。そのため土木工事の仕事に携わっているのであれば、関連する資格取得は必要不可欠だと言えます。

さらに資格を取得する際に必要な知識が、土木工事の現場に役に立つことが多いというのも特徴。資格を取得するための知識ではなく、現場の施工に必要な知識を得られるという観点からも、土木工事における資格の必要性は高いと言えるでしょう。

土木業界で働くのであれば、仕事の腕よりも資格が最優先される業界だというのは知っておいた方が良いかもしれません。

土木資格を保有しているメリット

土木資格を保有しているメリットは大きく分けて2つあります。

  • 現場に役に立つ
  • 転職に有利になる

具体的には上記の2つです。特に転職に有利になるというのは、資格を取得した方にしか得られない最大のメリットでしょう。

現在の土木業界では、どんなに腕が良く、経験年数の長い職人さんでも資格を持っていなければ工事をすることができない作業もあるため、戦力して認めてもらないということがあります。

特に民間ではなく、公共の土木工事をするのであれば技術よりも資格が優先されると言って良いでしょう。そのため転職する際にも資格を持っていると有利になることが多いです。また保有している資格は、難易度が高ければ高いほど良いでしょう。

具体的には「1級土木施工管理技士」「2級土木施工管理技士」などを保有していることが望ましいです。現場の管理をしない施工メインの職人さんでも、前述した資格を保有しておくことで、知識の証明になりますので、取得しておいて損になることはありません。

また現場監督の知識も有している職人さんということで、現場内でも一目置かれる立場になることができますよ。

土木関連のおすすめ資格6選

おすすめ

土木関連のおすすめ資格を6つ紹介します。

  • 1級土木施工管理技士
  • 2級土木施工管理技士
  • 車両系建設機械
  • 小型移動式クレーン運転技能講習
  • 玉掛け技能講習
  • 地山掘削及び土止め支保工作業主任者

土木関連のおすすめ資格は上記の通りです。それぞれの資格を詳しく解説していきます。

1級土木施工管理技士

土木

1級土木施工管理技士の資格を取得すると「管理具術者」として4,000万円以上の土木工事を請け負うことができます。1級土木施工管理技士を保有していることで、土木業界では引く手数多になるでしょう。

ただ1級土木施工管理技士の資格を取得する難易度は高く、合格率は50%ほどです。また1級土木施工管理技士資格を取得する条件として大学卒業者で3年以上、高校卒業者で5年以上、その他で15年以上の実務経験が必要になります。そのため1級土木施工管理技士の資格を取得するためには、実務経験が必須条件になります。

資格を取得するまでが大変ですが、1級土木施工管理技士の資格を取得すれば、収入も上がり土木業界における人材価値は高まるでしょう。さらに1級土木施工管理技士を保有しつつ、何が自分の強みとなる工事、具体的には「トンネル工事」「河川工事」などの得意分野を極めることで人材価値をさらに高めることができます。

2級土木施工管理技士

土木工事 土木施工管理技士

2級土木施工管理技士を取得すると「主任技術者」として4,000万円以下の土木工事を請け負えることができます。土木工事で4,000万円の仕事は中小規模の金額ですが、2級土木施工管理技士を取得していれば現場の管理者ができるので転職における人材価値は上がります。

また資格の難易度は1級土木施工管理技士ほど高くはなく、合格率は60%ほどです。2級土木施工管理技士の受講条件は大学卒業者で1年、高校卒業者で3年、その他で10年以上の実務経験があれば受講することができます。

1級土木施工管理技士と比較すると受講条件のハードルは下がりますが、2級土木施工管理技士も実務経験が必須となる資格です。

ただ2級土木施工管理技士を取得するメリットとして、前述した転職しやすくなるのはもちろん、1級土木施工管理技士の資格を取得しやすくなることがあります。

将来的に1級土木施工管理技士を取得する予定であれば、先に2級土木施工管理技士の資格を取得し「主任技術者」として、現場経験を積んでから1級土木施工管理技士を取得することで、より人材価値をアップすることができるでしょう。

車両系建設機械免許

車両系建設機械の資格を取得することで、土木工事に欠かすことのできない建設機械の操作をすることができます。

具体的にはユンボやブルドーザー、トラクターショベル、モータグレーダなどです。

車両系建設機械の資格を取得するためには、運転技能講習を受けることで資格を取得することが可能です。運転技能講習を定められた時間受講すれば、資格取得ができるので、難易度はそこまで高くないと言えます。

車両系建設機械は土木業界で働くのであれば、必須の資格と言えるでしょう。車両系建設機械の資格がないと、建設機械を運転することができませんので、転職市場においても人材価値が高まることはありません。受講金額は36,000円~受講することができるので、費用対効果の高い資格です。

小型移動式クレーン免許

小型移動式クレーン運転技能講習の資格を取得することで、吊り荷の重量が5トン未満の小型移動式クレーンを操作することができます。

そのためユニックのクレーンを操作して重荷を吊り上げたり、重機のクレーンを使用して重荷を吊り上げることが可能。人力で持ち上げることのできないものが多い土木業界では、小型移動式クレーンの資格は必須と言えるでしょう。

ただ転職における影響は、そこまで高くないので資格を取得したからと言って転職に踏み切るのは注意が必要です。小型移動式クレーンの資格を取得するには、3日間の講習を受ければ取得することができますよ。また受講資格はありませんので、実務経験が浅い方でも取得することが可能です。

玉掛け技免許

玉掛け免許を取得することで、クレーンに吊り荷を引っ掛ける玉掛け作業を行うことができます。

現場でコンクリート製品を敷設する際、この玉掛け資格を保有している作業者がいなければ、製品をクレーンで吊ることができないので土木現場には欠かせない資格です。

また玉掛け資格を持っている作業員が多いと、現場の作業効率が上がるので会社の利益に直結する資格と言えるでしょう。玉掛け資格を取得するには特別教育を終了することで資格を取得することができます。

資格取得の難易度は、低いのが特徴です。そのため玉掛け資格も転職における影響は低い資格になります。とはいえ作業員の場合は、玉掛け資格を持っていないと人材価値がグッと低くなるので作業員として転職を検討している方は持っていて損はない資格です。

地山の掘削及び土止め支保工作業主任者

地山の掘削及び土止め支保工作業主任者の資格を取得することで、深さが2メートル以上になる地山の掘削作業をすることができます。

土木工事では深さ2メートル以上で掘削することは頻繁にあるため、車両系建設機械の資格とセットで必要不可欠な資格と言えるでしょう。

地山の掘削及び土止め支保工作業主任者の資格がなければ、建設機械で整地作業と2メートル以下の掘削しかできないのは知っておいた方が良いでしょう。地山の掘削及び土止め支保工作業主任者の資格を取得するには、特別講習を修了すれば取得できるので難易度は高くありません。

また地山の掘削及び土止め支保工作業主任者の資格も持っていることで、転職市場における人材価値が上がるわけではありませんが持ってないと転職に不利になる可能性があるため、作業員の方はもちろん、現場管理者でも取得しておいて損はない資格です。

まとめ

資格 土木

この記事では土木関連のおすすめ資格を中心に、資格を取得するメリットと資格の必要性について解説しました。

資格を取得するのは時間とお金、知識が必要になるので簡単に取得することは難しいかもしれません。ただ土木業界で活躍し、収入をあげたいのであれば必要な資格の取得は必須なので早めに取得して少しでも長く実務経験を積んだ方が良いでしょう。

まだ何も資格を持っていない方、取得しやすい資格を優先して最終的には施工管理技士の資格取得を目指すのがおすすめです。施工管理技士の資格があれば、土木業界における人材価値がグッと高まりますよ。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。