面接のためにやっておきたい事前準備

面接前にきちんと事前準備しておきたいポイントについてまとめてみました。面接当日に慌てないためにもしっかり準備しておいてください。

事前準備その1 服装

学生であれば、リクルートスーツで問題ありませんが、転職活動の場合はこれといったルールはありません。職種、会社の雰囲気によって様々ですが、大切なのは清潔感ある身だしなみができているか、です。服装に迷った場合はスーツが無難ですが、迷った場合は事前に直接聞くのも問題ありません。「服装自由」と言われても、意味をはき違えないようカジュアルすぎる普段着ではなく、その職場での勤務に差し支えないような服装で臨むのが一般的です。

事前準備その2 持ち物

面接の際に必須の持ち物は下記の通りです。忘れ物がないよう、しっかり準備しましょう。

・A4サイズの書類(履歴書等)がそのまま入るカバン(履歴書を事前に送付している場合でも、会社資料を受け取る場合もあります)
・携帯電話(緊急時の連絡ツール、当日の経路確認としても必須です)
・現金やICカード
・印鑑
・履歴書(提出済みの場合はコピー)
・筆記用具、メモ帳
・腕時計
・会社から指定された書類

事前準備その3 会社までのアクセスルート

初めて面接場所に行く場合は、必ず所要時間やルートを確認しておきましょう。自家用車で行く場合も、ナビの住所が合っているのか、駐車場はあるのかなどチェックしておくとよいでしょう。余裕があれば、前日面接と同時刻に下見にいっておくとなお安心です。面接時間の30分前を目安に到着するように準備すると良いです。

事前準備その4 業界研究/企業研究

【業界研究】業界を研究しておくと、志望動機を考える点や面接でも役立ちます。業界としての市場規模、仕事の内容、現状の課題や将来性についても考えると良いでしょう。業界で働く周りの方々の話を聞いてみるのも良いかもしれません。

【企業研究】業界研究と似ていると感じるかもしれませんが、その業界で働きたい場合に自分に合うかどうかを見極めるためにも企業研究をしておきましょう。面接の際にも、どうしてうちで働きたいのか、と聞かれることも多いので、研究しておくことは重要です。具体的には、企業の基本情報、事業内容、業界での立ち位置、将来の経営計画などをチェックしておきたいところです。不明点があれば、面接の際の逆質問にするのもよいでしょう。

事前準備その5 面接問答準備

面接の際に聞かれることといえば・・・下記のような内容が多いですので、事前に回答を準備しておきましょう。

志望動機

自己PR

自己紹介

さらに逆質問の内容についても考えておきましょう。

以上が面接に向けてやっておきたい準備になります。せっかく面接まで進んだのですから、準備不足で不採用になるのはもったいないですよね。事前準備が当日のスムーズな面接の鍵となりますので、しっかり準備して備えてください。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。