求人のココをチェック!「年収・月給・手取り」給与表記の違いをチェック!

転職を考える際に、重要視するポイントの1つ、給与の話です。給与を表す言葉の中で、年収や月給、月収、手取り……の違いはご存じですか?理解できているようで、細かい違いがわかっていないこともよくあります。年収や月給、月収の認識が違うまま、転職活動の際に条件面の話をすると、給与をもらった後に「あれ?思ったより少なかった……」ということになりかねません。年収と月給、月収の違いをいま一度、理解しておきましょう。

「年収」と「月収」の違いは?

「年収」「月収」の違いについては、多くの方が理解しているとおり、「年間での収入」と「月間での収入」の違いです。ボーナスに関しては、基本的に年収に含まれるのですが、企業によっては含まれていないこともあるので、面接時にきちんと確認しましょう。

「月給」と「月収」の違いは?

同じ意味でとらえている方も多い「月給」と「月収」ですが、実は大きな違いがあるんです。

月給とは・・・

『一ヶ月単位で定められた賃金(基本給+固定手当)』のこと。基本給と固定手当という言葉の意味を理解すると、『一ヶ月単位で定められた賃金』についても理解できるでしょう。

基本給…残業手当や通勤手当、役職手当、インセンティブのような業績に応じて支払われる給与を除いた賃金を指しています。

固定手当…毎月固定で支払われる役職手当などの賃金を指します。この『毎月固定で支払われる』というのがポイントで、『一ヶ月単位で定められた賃金』の中身になります。毎月固定ですので、状況によって変動する残業手当や通勤手当などは含まれません。

月収とは・・・

年収を12分割したもので、ボーナスやその他の副収入を含めた年間の合計金額(年収)を12分割したものです。毎月の給与明細に記載されているのが「月給」であり、その年に支払われたボーナスや副収入の合計金額を12分割して加えたものが、「月収」です。

月給と手取りの違いについて

「月給」「月収」の違いに続いて、次は「手取り」について解説します。「手取り」とは、毎月支払われた「月給」から、社会保険料や所得税、住民税などを差し引いた金額、つまり実際に受け取れる金額と考えることができます。社会保険や所得税などは、源泉徴収として給与から先に差し引かれていることが一般的です。月給として提示された金額が、そのまま「使える金額」ではないことに注意しましょう。この「使える金額」のことを「可処分所得」という言い、読んで字のごとく「処分することが可能な所得」という意味です。

源泉徴収とは?

「月給」と「手取り」の違いを一言でいうと、「源泉徴収をされる前と後の金額」と言い表すことができますので、「源泉徴収」についても、簡単に解説します。「源泉徴収」とは、会社が社員の給与から、所得税を天引きして国に支払うことです。納税の義務に則り、働いて給与を得たことに対して発生する所得税を、個人に代わって会社が行う際の支払い及び仕組みのことを「源泉徴収」というのです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。