アルバイトの方へ…『確定申告の手続き』は?

アルバイトの方も、正社員や契約社員の方と同様、毎月のお給料から税金が支払われますよね。でも、確定申告することでお金が戻ってくるケースもあるってご存知でしたか?

今回は、アルバイトとして働く方へ、どんなときに確定申告が必要なのか、また、どのように確定申告をするのかなどをご紹介します。思い当たる方は、ぜひ確認ください。

アルバイトの場合、どんなときに確定申告が必要?

アルバイトであっても、月の給与が8万8千円以上になると、給与から自動的に税金が徴収されます。しかし概算であったり、保険などの控除を計算していないため、多く払っているケースもあります。職場によっては、年末調整を実施しない場合、途中で仕事を辞めた場合は、確定申告することで払いすぎた分が還付される(戻ってくる)のです。

確定申告するには、まず「源泉徴収票」をチェック!

アルバイト先から1月末までに前年の「源泉徴収票」を受け取ります。既に退職している場合なども、連絡して取り寄せることができます。源泉徴収票には、1年間の給与合計額が記載されています。所得税を払っていて、給与の支払い合計が103万円以下の場合は、ほぼ確実に全額が戻ってきます。

確定申告はアルバイトであっても税務署で行われます

確定申告に必要な持ち物

  • 源泉徴収票
  • 身分証明書
  • 保険などの控除証明書
  • 戻ってくる税金の振込先口座の通帳、印鑑

確定申告コーナーには必ず案内してくれる方がいます。書類の書き方がわからない場合は聞いてみましょう。作業自体は簡単なので、気軽に行ってOKです。

せっかくアルバイトで働いて得た給料から余分に税金を払ってしまうのは残念なので、確定申告という便利な仕組みを活用し、払いすぎた税金がある場合はしっかり取り戻しましょう!最大5年まで遡って確定申告することが可能ですので、心当たりのある方は、ぜひ確認してみてください。

転職に関するその他の情報はここから

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。