面接の基本とよく聞かれる質問の答え方!

面接の基本的なマナー

企業へ訪問時の基本的なマナー、遅刻しそうになったらどうすべきか?など。面接時の基本マナーを記載していきます。

訪問時のマナー

原則として、遅刻はもちろんNG。余裕を持って出発し、約束の10分前には到着するようにしましょう。やむを得ず交通事情等で遅れる場合は必ず電話を入れ、到着時刻を連絡します。コートは受付に入る前にきれいに折りたたみ、携帯電話の電源はOFFにしておきましょう。企業へ到着した際は、受付で次のようにはっきりと要件を伝えましょう。「本日●時に面接のお約束をさせていただいております、●●と申します。人事ご担当の●●様にお取り次ぎをお願いいたします」

面接中のマナー

【話し方のポイント】面接官の質問をよく聞き、話が長くならないよう簡潔に答えることを心がけます。その際、結論から伝えたり、話しのポイントを冒頭に明示したりするとよいでしょう。

【表情のポイント】面接中の目線は、質問を投げかけた面接官へ向けるようにしましょう。余裕があれば、他の面接官へも目を配るのがよりベストです。

面接でよく聞かれる質問の答え方

「自己紹介をお願いします」と言われた時の答え方

面接で採用担当者は、「求職者が自社で活躍できるか」という点を見極めようとします。単に名前や生い立ちを話すだけではなく、自分のキャリアやアピールポイントを簡潔に伝えられるようにしましょう。よく聞かれる内容なので、自分の答えを用意しておきましょう。

「転職理由・退職理由は?」の質問の意図は…

企業が転職理由・退職理由を確認する意図は、大きく分けて2つあります。1つは、「同じ理由で退職する可能性があるか」を確認することです。入社後早期に退職されてしまうと、企業にとって時間や費用の損失になります。面接時点で転職・退職理由を確認し、自社において早期退職のリスクがないかどうかを検討します。もう1つの意図は、「人柄」を知ることです。転職・退職理由から、「働く上で重視していること」「仕事のモチベーション」といったことが分かります。上記2つを踏まえ、入社後に活躍してくれる人材かどうか、社風に馴染むかどうか、などを判断しています。前向きな回答を心掛け、ネガティブな回答は避けましょう。

「希望の年収はいくらでしょうか?」の質問の意図は…

企業が希望年収に関して質問する背景には、こちらも大きく2つの目的があります。1つは、採用する際の給与額の目安にする目的。企業には採用予算があります。いくら高いスキルを持つ人材でも、希望年収が予算よりはるかに高い場合には採用することができません。そのため、用意している年収で入社してくれる人材かどうかは、最終的に内定・採用を判断する上で大切なポイントの1つになります。もう1つの目的は、応募者の価値観や自己評価を知ること。業界・職種・経験・年齢・スキル・資格などを踏まえ、自分自身をどのように評価しているのかを確認することで、自分を客観視できているか、自信過剰でないか、逆に自己評価が低すぎないか、などを確認しているのです。

退職理由を問われる・・・退職の種類に関する基礎知識はこちら

面接前に休日も確認したい方はこちら

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。