履歴書作成の際のよくある質問!

Q.自作の履歴書を提出してもOK?

A.「自作の履歴書」で応募しても問題ありません。

自分がアピールしたいことや伝えたいことに合わせて、履歴書のフォーマットを自作しても問題ありません。社会人経験があまりない方や資格があまりない方などは、記入欄が広くとられていると空白が目立つ履歴書になってしまいます。そんな時は、志望動機や自己PRの欄を大きくとって自分の思いを伝えられる履歴書がよいでしょう。

Q.履歴書はボールペンで書けばいいの?

A.履歴書を書くときは“文字の消えないペン”を選ぼう。

履歴書は応募企業へ提出する正式な書類です。ですから、鉛筆やシャープペンシルなどの文字が消せるものはマナー違反です。また、いわゆる”消せるボールペン”もNG。摩擦熱で文字が透明になるインクを使用しているため、高温の場所(車中や暖房の近く、日差しが差し込む窓際など)で文字が薄くなったり、コピーをしたら文字が消えてしまったという話もあります。

Q.記載ミスをした履歴書に修正液や修正テープを使っても大丈夫?

A.履歴書の記載ミスに修正液や修正テープを使うのは、NGです。

履歴書はあなたの経歴を証明する公的文書のようなものなので、偽造を疑われることになります。履歴書のミスは、二重線と訂正印でカバーするか、新しいものを再度作成しましょう。

Q.履歴書ってコンビニで買ったものでも大丈夫?

A.コンビニで買った履歴書でも問題ありません

コンビニで販売されている履歴書も、オフィス用品専門店や文具専門店等で販売されている履歴書も、基本的には同じものだと考えて問題ありません。

JIS規格の用紙自己PR欄が比較的少ない履歴書
一般用の用紙JIS規格より自己PR欄が多く、コンビニ等でも販売されている場合がある
転職用の用紙職務経歴書が同封されており、退職理由も書きやすいフォーマットになっている

Q.履歴書ってコピーして使っても大丈夫?

A.履歴書のコピーはNG!

履歴書には「志望動機」を書く欄があるため、同業種であったとしても志望動機が同じであれば、それは志望動機として不十分なので、必然的に履歴書のコピーはNGとなります。

Q.履歴書に押印って必要?

A.履歴書に押印をするケースと、押印しないケースがあります。

最近は押印欄のない履歴書が大半を占めています。それは、1997年に閣議決定された「押印見直しガイドライン」により、履歴書に押印する意味があまりないとされているため、押印欄がなくなってきているためです。採用担当者から履歴書へ押印を求められた場合や押印欄のある履歴書の場合のみ押印が必要となります。

Q.退職理由、どう書けばいい…?

A.それぞれの理由の「定型フレーズ」を記載すればOK!

自己都合の場合「一身上の都合により退職」と記載
期間満了の場合「契約期間満了につき退職」と記載
会社都合の場合「会社都合により退職」と記載

Q.今月中に引越しする場合、履歴書には引っ越し後の住所を書くべきですか?

A.履歴書の住所欄には、履歴書を企業に提出する時点の現住所を書くことが一般的です。(日付欄の現住所を記載しましょう)

備考として「●月●日頃に、●●へ引越す予定です」と書き添えると、採用担当の方にもわかりやすいと思います。

履歴書の基本の書き方はこちら

職務経歴書とは?という方はこちら

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。